効果的な収納計画について

こんにちは!今年をもちまして創業47年目、千葉県習志野で木造住宅専門で二代目の宮城建設 代表建築士の宮城健志です。宮城建設は、無垢材や本物の本物の自然素材を多用した健康がいっぱいの、丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

 効果的な収納とはどのような物か玄関収納

今日は私の収納に関しての考え方を解り易くお伝えしていきたいと思います。

効果的な収納計画について

まず,「しまう」と「片ずける」に分けて考えましょう。

しまうというのは、いくつかの動作がいるんですね。

夏服をどこかに、しまってあるとか、直ぐに、パッと
使える状態になっていない人です。

たとえば、押入とか、納戸にしまってあるわけですね。
そのように、しまってあるものと、
こんどは、片づけるという普段使っているもの、

道具として使っているもの、洋服とかすぐに使え
ないと不便ですよね。

直ぐに出せるよう¥な状態にしておけるのを
片づけるといいます。

収納場所にもコストが掛かります。

計画段階で、お客様の中で物がたくさん入る

場所を作ってください
という方がおられますが

私は収納を増やせば生活する場所が減りますよ
というお話をするんです
建物全体の大きさは決まっているので、
どちらかをどのくらいの大きさにするということを決め

ておかないといけないわけですよね。
この様な事を意識しておくことが大事なんです。

コストが掛かるということは、例えば、メーカーさん
は坪当たり幾らという言い方をしたりします

けど収納も同じような考え方が必要だと思います。
そして、物を買ったら何か捨てる、ということを
やっていかないと、いくらスペースがあっ足り

なくなるので、多くの人は、何時かは、
いつかは使えるということで、物をとっておくんですね。

でも、いつかそのうちは、ほとんど来ないんです。
来ないまま、2,3年経って収納スペースに取られて、

邪魔物になって、どんどん増えて、
いつか来る日が来なくなってくるんです。

同じものを買ったら振るいに掛けて捨てるということ
をやっていかないと

収納スペースが、いくらあっても
足りないということになります

それから、収納スタイルは各家庭で違うので、片ずけ方、

しまい方とかも、そのお宅の流儀という

ものがありますので、そのようなことも考えながら、
収納というものを、考えていきましょう。

それでは、部屋ごとの収納の考え方に入っていきます。

お問い合わせはこちら

先ずは、玄関です。

普通は下駄箱が置いてあって、それだけで終わりですね。

大抵の家は、まづ、下駄箱に靴が入りきってないですよね。
家族全員分の靴が入らない。だから

自分の部屋とか納戸に箱に靴を入れて、
仕舞いこんだりするわけですが。

玄関周りには収納したい物は靴だけじゃないですね。

実は玄関こそ広めのスペースが必要な場所なんです。

例えば、家族の靴、シューズケア用品、傘、
一人当たり4.5本、持ってたりしますね。この傘はどこにおくんですかね。

スリッパ、自分たち、お客様の分、印鑑、
宅急便や郵便物が玄関に届くとハンコくださいって

言われて出さないといけませんね。鍵、
ゴルフセット、スキー、スノボー、

自転車、これは10万20万する高級車を
持ってたりしたら、絶対に外には置けないですよね。

後は、ベビーカー、レインコート、一輪車、
など小学校で学校で習うと、欲しいから買ってということになりますね。

空気入れ、砂場セット、サッカーボール、
非常用持ち出し袋、その他アウトドア用品などなど

ということで、玄関は下駄箱だけあればいい
ということではなくて、この様な物をしっかりと収納

出来るように考えた方がいいわけです。

宮城建設は、千葉県習志野市周辺にて木造住宅専門で自然素材(無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳などオリジナルの本物の自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社でです。

自然素材を取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください。無料の資料請求はこちら