薪ストーブは日本人に最も適した暖房

こんにちは!
今年をもちまして創業47年目、千葉県習志野で木造住宅専門で二代目の宮城建設
代表建築士の宮城健志です。

宮城建設は、無垢材や本物の自然素材を多用した健康がいっぱいの、
丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

  薪ストーブは日本人に最も適した暖房

 

住宅会社がなぜ薪ストーブをつくるのか?
輸入された外国製の薪ストーブにはない、

「日本の家屋に最も適した暖房は、自分たちの手でつくる。」
そんな想いから誕生したのがオリジナル薪ストーブ「AURORA」。
自然の素材に癒され、本物の炎に癒される。天然無垢材の住宅を
建築してきたからこそ解る、人と住まいを温める究極の薪ストーブ。

高耐久構造 画像

高耐久構造

オーロラは燃焼炉のまわりを鋼板で二重に囲い、
空気層をつくることで超高温にも耐えられる設計になっています。

300℃以上で燃やし続けると変形や本体が割れる恐れのある

鋳物ストーブに対し、オーロラは
300℃以上で使用しても変形が起こりにくい構造
になっています。
超高温対応の鋼鈑は燃焼効率製 画像

超高温対応の鋼鈑製
気密性の高い鋼鈑製のオーロラは、効率良く炉内を
高温にすることができる為、針葉樹・広葉樹などの

多種多様な薪を燃やすことができます。また超高温
で燃焼することにより、焚きつけたあとも灰がほとんど

残りません。アク取りも少なく済みます。
燃焼効率85% 画像

燃焼効率85%

燃焼効率50%の鋳造ストーブは熱損失が多く、
1万円分の薪を燃やしても5千円分は煙突から

逃げているということになります。これに対し
鋼鈑製のオーロラは燃焼効率85%。ムダをなくし、
効率良く部屋を暖め、さらに経済的な薪ストーブです。
「対流式」ストーブ 画像

「対流式」ストーブ

鋳物ストーブは本体全体を暖め輻射熱を利用した「輻射式」。
冷めにくい性質もありますが、同時に熱損失も
大きいのが特徴です。オーロラは炉のまわりに空気層をつくり、
背面上部から吸気を行い前面からの熱放射による「対流式」。

側面・背面が熱くなりすぎない構造になっているため、

壁面を鋳物ストーブ程の耐火構造にしなくて済みます。
さらに高効率に暖めます。
クリーンバーン方式 画像

クリーンバーン方式
オーロラの燃焼方式は「クリーンバーン方式」。
薪燃焼で発生する煙に含まれるガスや不純物
(微粒子やタール、CO2など)を煙突に流す前に、

新鮮な空気を送り込み再燃焼させることで完全燃焼させ、
クリーンな排気にします。
ファイヤークリーンシステム 画像

ファイヤークリーンシステム

二次燃焼に必要な新鮮な空気の吸気と、同時に発生する
高温な炎をガラス面に吹付けることによって、

ガラス面に付着したヤニや煤を焼き消してくれます。

これによって美しい炎をいつでも楽しむことができ、
メンテナンスも軽減
することができます。
「オーロラ」演出機能 画像

「オーロラ」演出機能

炉の内部を高温にし、二次燃焼させる際の空気量を

手動で調整することで、本物のオーロラのような
幻想的炎を楽しむことができます。通常時の炎とは違い、

上から覆いかぶさるような優雅な揺らめきを魅せてくれます。
断熱二重煙突 画像

断熱二重煙突
オーロラに取り付ける煙突は、室内外ともに
断熱二重煙突をお薦めしています。煙突内部に

断熱材が入っているため、煙突の外側が高温になりにくく、
火傷や低温炭化を防止します。また外気温の影響を

受けにくいため排気温度を下げず、効果的に
燃焼させることができます。
省メンテナンス化 画像

省メンテナンス化

煙の温度が低いと煙突内部に水分・タールなどが付着し煙道を狭くします。その分煙突掃除もこまめに行わないと煙突火災の恐れも出てきます。
オーロラは気密性の高い本体と断熱性の高い煙突を
使うことにより、煙突内部の結露を抑制。不純物が
付着しにくいのでメンテナンスも少なくて済みます。

 

宮城建設は、千葉県習志野市周辺にて木造住宅専門で本物の自然素材(無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社です。

自然素材を取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください。無料の資料請求はこちら