心身一如の状態を作り出す

こんにちは!
今年をもちまして創業47年目、千葉県 習志野で木造住宅専門で二代目の宮城建設代表建築士の宮城健志です。宮城建設は、無垢材や本物の自然素材を多用し、パッシブデザインなど健康がいっぱいの、丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

「心身一如の状態を作り出す」

心身一如

コミュニケーションの基本は、心と体が一体化して同じ方向に方向に向かうことです。

心身一如のある状態で、話をすれば、必ず伝わります。

目の前の人と話をしながら、目線は遠くのほうを見ていたら、話が伝わるはずがありません。

相手は、馬鹿にされていると思もいます。

握手するときは、相手の顔を見て握手するのと、顔を見ないで握手するのでは、気の流れが全く変わって

しまって伝わらないのです。これが、心身分離の状態です。

この反対に、心身一如の状態で日常、行動、生活を過ごせば、必ず成功すると思います。

これは、全ての基本になるのです。

今日の行動

握手をする時は、心身一如の状態で相手の顔を見て挨拶してください。

顔を見ないで握手するときと、どのように違いを感じるでしょうか?

心身一如の状態で相手に接してみてください。

 

宮城建設は、習志野市周辺にて木造住宅専門でパッシブデザインなど健康に暮らせる自然素材(無垢・珪藻土・クロス・畳など本物の自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社です。

自然素材やパッシブデザインを取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください。

無料の資料請求はこちら

 

47年目, クロ, ス畳, 千葉県, 千葉県習志野, 千葉県習志野市, 建設会社, 本物, 本物の自然素材, 漆喰, 無垢, 珪藻土, 習志野市, 自然素, 自然素材, 自然素材の家