新築かリフォームにするのか

こんにちは!今年をもちまして創業47年目、千葉県習志野で木造住宅専門で二代目の宮城建設 代表建築士の宮城健志です。宮城建設は、無垢材や本物の自然素材を多用した健康がいっぱいの、丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

新築かリフォームにするのか何を基準に決めるのか

内装

新築には2種類ある、それぞれの長所短所

どこに相談すれば、自分たちの理想の家が建つのか、
わからないですよね。どうしたらいいと思いますか?
展示場ですかね〜 行くとアンケート書かされて、
しつこくされますよ〜

私の知り合いも、某ハウスメーカーで建てたみたいで、
うちの見学会に来て、建ててから後悔してましたね。

なんでそうなるんですかね〜リクルートのスーモに
出て結果によると失敗しましたという人の

第1位
はなんだと思いますか?
実は、勉強不足だそうです。

やっぱり、勉強して、キチンと知識を覚えて、
それなりの要望を出して作る側に伝えないと
満足のいく家が立たないのではないか。

ましてや、新築にするのか、リフォームに
するのか知識と比較材料がないと
決められないですね

じゃ〜その為にはどうしたらいいの 、
ご自身いろいろ調べて勉強するか?
ハウスメーカー、設計事務所、工務店の
どれかに相談するか?

やはり、経験豊富な建物を知っている人を
味方につけて、相談するのが一番早いかも
しれませんね。

新築には二種類あります
由設計と企画型住宅というものがあります。

昔ながらに 大工さんに仕事を頼む時って
6畳間はここで隣が8畳付けて〜なんて
くっつけながらやっていきますね。
これを自由設計と言います。カッコよく
言うとフリープランなんて言います。

設計屋さんに頼んで、敷地に合わせて
作っていくのも、自由設計と言います。

先ずは、新築の自由設計なんですけど、
長所は敷地の中にどういうふうにも
建てられます。
三角形の家が建てたいとか八角形の家
がいいとか?
建てられますよ〜〜ってなります。

もう一つが、新築の企画型住宅

これなんだろうと言うと
カタログで家を選ぶのです。家の間取りを
カタログで選んで、
これがいいって決めるんです。

これって、同じ新築なんですけど、
仕事のやり方や流れが違うんです。

今の新築の特徴と言いますと地盤からの
耐震補強と言うものができます。

昔は基礎の下の地盤改良というものは、
いらなかったんですね。

今は基礎の下の地盤改良工事というのが
増えているので、
そのような一番下からの地盤を弄って徹底的に
耐震工事が出来るので安心感がありますね。

これが新築の長所です。

それでは、新築の短所は、

お金がかかります。
一番お金が掛かりますのが自由設計になります
家の本体工事というものだけでは無くて、

カーテン、家具 エアコン 税金 、外の水道工事
とかが別途に掛かります
部屋のイメージがしにくいです。

この辺が問題で、出来上がってからお客様が
イメージと違うなんて言うクレームを
出す時があります。

この様なところでイメージが付きにくいので
あれば私は規格住宅を薦めると思います
それは、最近は展示場もあるし、ズバリ
その物が見れる場合が多いので、その方が
間違いがありません。

自由設計の場合は、お互いに意志の疎通や
感じていることが違うということが
クレームに繋がることが多いので、

その辺りを慎重に進めることとなるから
打ち合わせに、時間が掛かります。
それが最大の、短所です。

宮城建設は、千葉県習志野市周辺にて木造住宅専門で
自然素材(無垢・珪藻土・漆喰・クロス・
畳などオリジナルの自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社です。

薪ストーブや本物の自然素材を取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください

無料の資料請求はこちら