放っておきすぎ

P5314499

またまた、屋根の上にのぼってきました。

何年も屋根の点検をしていなかったお宅です。

屋根材の表面の塗膜が剥げて、

基材が見えています。

雨の度に屋根材の基材に雨が浸みこんでいるのは間違いありまっしぇん。

おまけにいたるところにヒビ割れが発生しとります。

屋根の防水性能を再生させるのに、塗装するという手段もありますが、

ここまで、傷んでしまっている場合は、塗装も長持ちしません。

やはり、私のおすすめは、葺き替え工事です。

屋根材を塗装する場合は、表面の塗装がまた残っているうちに

塗装しましょう。やっぱ、早目早目の点検が大切ですね。

とはいっても、なかなか難しいと思います。

おまけに最近は屋根の傾斜がきつくてのぼれない場合や、

ハシゴを掛けるスペースが無い、なんていう場合も多々

あります。屋根の点検も簡単にできない場合も多いです。

最初の設計段階でメンテナンスしやすく計算されてると

よいですね。

家を維持するのって大変ですね。

それではごきげんよう。