久しぶりにセメント瓦の塗装です。

 

今回は、屋根の塗装と棟の漆喰の補修です。

これは、セメントで出来た瓦です。モルタルを型に流して

瓦の形に成形して、表面を塗装したものです。

このお宅の瓦は塗装がとんで、

穴が開いています。基材のセメントが見えています。

この状態だと水が瓦本体の中に浸透してしまいます。

瓦が劣化する速度を加速する原因となります。

また、棟部分の瓦の下の漆喰が剥げて土がみえています。

この漆喰が剥げてくると、瓦の下の葺き土が流出してしまいます。

土が流出すると、雨漏りの原因になります。

土が流出する前に漆喰の補修をしておいた方が賢明です。

早目早目の予防が家を長持ちさせます。

 

 

P1242333P1242329