やっぱり腐ってまっせ。

P7021559P7281676

昭和の時代のタイルのお風呂をユニットバスに取り換える工事です。

浴室内部を解体すると、やっぱり、土台が腐っています。

左の写真の浴室を解体したところ、右の写真のように土台が腐ってました。

このように昔の風呂を解体すると、絶対に土台や窓の下の下地が腐っているんよね。

タイルの目地が割れたり、タイルの床と壁の境目から水が浸入して、腐るのね。

また、浴室の入り口の部分も必ずと言っていいほど腐っとります。

隙間を見つけたら、直ちにシール材等で埋めましょう。

今回はこの腐っている部分を全て取り換えて、ユニットバスに交換するので、

もう土台が腐ることはないでしょう。

昔のタイルの浴室って寒いんだけど、ユニットバスに取り換えて、

浴室換気乾燥暖房機を取り付けたから、入る時にもうヒヤッとしませんね。