先にエアコンのダクトの位置を決めてくだされ

 

住宅と健康には密接なつながりがあります。

 住環境からあなたの健康寿命を延ばします。

今までの家は寒かった。

でもリタイア後は冬寒くない家に住んで健康寿命を延ばしたい。そんなあなたの家を造ります

こんにちわ、千葉県習志野市であなたの健康寿命を延ばす家を建て

る工務店(株)宮城建設の工事部、宮城淳生です。

 

 新築でも、リフォームでも耐震性能を確保するために、壁の中に筋交いを入れますが、(筋交いが必要ない場合もあります。)

仕上がってしまうと、壁の中なので、外からみただけでは、どのように筋交いが

 

入っているか、まったくわかりません。

なので、工事終了後に家電量販店にエアコン取り付けを発注して、エアコン取り付け当日に筋交いの位置などお構いなしにエアコンのダクトを通す穴をドリルでくり抜いてしまうのですが、筋交いも同時にくり抜いてしまいます。

なので、エアコンを取り付けたいとお思いの方は、事前に取り付けたいエアコンの種類を調べて、図面を入手しておいて、「このエアコンをつけたいので、この図面の位置にダクト用にスリーブを通しておいてください。」

と工務店に伝えておくと、その位置にスリーブを取り付けしておいてくれます。ので

後でエアコン取り付け時に筋交いを切断してしまうという心配がありません。

また、後で壁に穴をあけて、エアコンを取り付けると気密性の低下や水の侵入の恐れがあります。気を付けましょう。                             PB292228

この斜めの木が筋交いね。丁度、エアコンのダクトの位置辺りにありんすね。