薪ストーブでピザを焼いて食べる

こんにちは!
今年をもちまして創業47年目、千葉県習志野で木造住宅専門で
二代目の宮城建設 代表建築士の宮城健志です。
宮城建設は、無垢材や薪ストーブや本物の自然素材を多用した健康がいっぱいの、
丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

薪ストーブで手作り焼き立てピザを食べる

ピザ会の様子

早く寒くならないかな〜
なんで〜と思われるでしょうけど、うちには
薪ストーブが、まだか、まだかとスタンバイしています。

わりかし、大型の薪ストーブなので、ガンガン、
薪を入れても、平気です、ものすごい炎になっているけど、
へっちゃらです。

耐熱ガラスが、優れもので、600度ま耐えられるとか。

以前レーザー温度計炉内の炎を測ったら
500度位になっていましたが、それでも、
ビクともしません。

薪ストーブでピザを焼こう

何と言っても、オレンジ色の炎がとても、
刺激的です。
この揺らぎの炎を1時間くらい見ていても飽きが来ません。

昨今、家の中には、火が無くなっていますが、
やはり、薪ストーブでの自然の炎を見ていると、
とても、気分が
良くて、癒されます。

1日の疲れが、癒されて、明日のエネルギーが湧いてきます。
想像しただけでも、いい感じがします。
ワインを片手に、美味しいものを食べて、家族や仲間と
団欒しながら、薪ストーブを囲むのは最高の贅沢かもしれません。

それは、父権の復権にもなりますよ。

何せ、薪を集めて来なければ、薪ストーブは役に立ちませんので、
薪を拾って、薪を割って、薪をくべる。
三回温まる事が出来るので、

楽しみながら、父親のチョッピリ
凄いところを示せるわけです。そう思うと体が、暖まりまり、

ますますやる気が湧いてきます。

そして、

この薪ストーブに入れる薪は、水分のない乾いた
木でないと不完全燃焼を起こして、なかなか燃えません

白い煙をたくさん吐き出します。

生の木の枝なら1年位、干して置くのが、ベストです。
ホームセンターや、市販で買うものは、意外に高く付きます。

お知り合いの建築屋さんとか、解体屋さんとか、材木屋さんに
声をかけておいて、現場が出たら取っておいて、

と頼んでおいて安く提供してもらうという
方法もありますから、日頃からの心掛けが大事です。

中には木の切り屑を固めて、薪にしている製品も
ありますので、探して見て下さい、意外に安いく、
最高の炎を出すようです。

この間、知り合いを集めて、初めて、ピザ焼きパーティを
やりました。

ネットで南部鉄のピザ用フライパンを購入し、
取手が外せるタイプで、
丸くて、分厚い鉄のフライパンです。

それは、パン生地から作る本格的なピザです。

薪ストーブで焼く焼きたてピザは、なかなかの評判でしたね〜

温度が高いので火加減を気をつけないと、2、3分で、アッと
言う間に焦げてしまいます。

鉄のごとくの上に鉄板を乗せるんですが、その時に
駒石を敷いて高さを上げて、調整します。
炎と鉄板の距離を離したりします。

今年の年末にも、「薪ストーブでピザを食べよう&
婚活パーティ〜」 を企画していますが、この時も、
薪ストーブでピザを焼き、食べ放題飲み放題にします。

いろんな野菜やお肉やチーズ類を好きなだけトッピングして、薪ストーブで焼くピザは、本当に最高です。

あなたにも、この薪ストーブの上質な炎の味わいと暖かさを届けて上げたい。

宮城建設は、千葉県習志野市周辺にて木造住宅専門で自然素材(無垢・珪藻土・
漆喰・クロス・畳など・オリジナルの本物の自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社です。
自然素材や薪ストーブを取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください。

無料の資料請求はこちら