快適な住まいと環境づくり

温湿度の環境について、、、

住宅における快適な室内空間を保つには、温度はもちろんのこと湿度の管理も大切です。
適切な快適湿度は40%から60%とされています。

60%以上になるとカビやダニが発生し40%以下になる乾燥を感じてインフルエンザウィルスが活動しやすくなります。

つまり、夏は温度は高いので湿度は下げる。冬は温度は低いので湿度は上げる工夫をすると快適空間になります。

温湿度管理のしかたは、
温湿度計を床から1.5Mくらいの高さに設置して、日光の当たる場所やエアコンの吹き出し口付近などは避けて
設置するのがいいと思います。

冬の室内の湿度を高くする方法としては、浴槽に水を張ったり、カーテンに霧吹きをしたり、濡れたバスタオルを
部屋の隅に干しておくことや、包装用ビニールプチプチをガラスに張ったりすることなどがあります。

正しい省エネ住宅や室内環境の知識をつけたい方は当社の「家づくり教室に」参加してください
家づくり教室に参加したいお方はこちらから

宮城建設は、省エネ、パッシブハウス、ZEH住宅、自然素材、健康住宅などを手掛ける
習志野を中心に活動している建設会社です。