築30年の家 65歳から75歳は人生のゴールデンタイム

築30年の家 65歳から75歳は人生のゴールデンタイム

もう一度家族のあり方や夫婦のあり方を見直しませんか、65歳から75歳は、まだまだ幸せの種が残されているゴールデンタイムです。

子育ても終わり、住宅ローンも終わって、残りの人生は何を軸として生きていきますか?

築30年超えた古い家、お持ちの資産をどのように活用していったらいいのでしょうか、

地場工務店が、なぜそんなことを言うのかというと

私達、地場工務店は住宅資産を活用しての次の3っつの不安を解消していくことが出来るのです。

たとえば、一つ目が大地震が来るかも知れない不安、二つ目が介護リスクの不安、 三つ目が老後のお金が足りるのかどうかという三つの不安です。

これらの不安を取り除く方法をお伝えしていきます。

例えば、築30年の家、子育ても、とっくに終わり、住宅ローンも払い終わり。退職金を貰って残りの人生どのように生きていこうか?古い家のままでいいのかな?

と思うことはありませんか?

家族の中のイベントをきっかけに今後のことを話し合う家族会議を開こうとしても、家族同士では本音で語れなくて、話がなかなか進まない、なんてことはありませんか?

そんなとき私達がファシリテーターとして助言をしていきながら、話を進めていくことも出来ますよ。

先細りの経済、ご子息の給料も上がる見込みは、余り無い、たとえ結婚出来たとしても、子供を生んで育てていく余裕なんて無いという状況の方も多いのではないでしょうか?

そんな状況の中で、大切なのは、今ある資産をどう最大限に生かしていくことが出来るのか、ということだと思いませんか?少しでも、可能性を一緒に探していきましょう。

最低金利の今、銀行への交渉の仕方や、地震への対策は?建て替えるだけが脳ではありません。親の介護への不安を解消していくには? 暖かい家にするには?老後の資金はどの位かかるのか?、、、、

というような内容が理解できるように定期的に勉強会を開いています。

この勉強会を一つのきっかけ作りにしていただいて、老後の人生をより豊かで幸せな人生を送れるようにしていただければ幸いです。

家族のために自分のために学んでください、勉強してください、
後悔しない人生を探してください。

知識をつけて後悔しない家づくりをしてください。それが私達の願いであります。

正しい省エネ住宅や健康住宅の知識を身につけたい方は当社の「家づくり教室に」
参加して下さい

家づくり教室に参加したいお方はこちらから
(*次の勉強会の詳細は1月中ごろに掲載されます)

宮城建設は、省エネ、パッシブハウス、ZEH住宅、自然素材、健康住宅などを手掛ける習志野市を中心に活動している建設会社です。