なんと8メートルの高低差を埋めています

工務店建築士社長の奮闘日誌 Vol 05

「擁壁 ちゃくちゃくと 高さ8メートルの造成工事」

I様の宅地造成工事は、上下の差が8M有り、大変時間のかかる工事となっております。

まだかまだかと待ち望んでいますが、崩れてこないように慎重に工事を進めているため
職人たちも手を抜いている訳ではありません。

古いよう壁を壊しながらの工事となっています。以外に50年前のRC擁壁が頑丈に出来ていたために
工事が難航しています。

住宅街なので、余り大きな音も出せずにチクチクと進めているためにスピードが上がりません

その分しっかりとした安全な工事ともいえます。
7月頃から基礎工事になると思いますが家を建てるためのしっかりとした地盤と土台ですから、
手抜きのないようにしっかりとしていきたいと思います。

擁壁の下にも、しっかりと杭を入れましたので、大地震が来ても安心です。
これからが本番です。順次お知らせしていきますので楽しみにしていてください。

健康住宅、無垢材を使用した家に興味のある方はこちらです

資料請求はこちらから http://www.miyagi-kensetsu.com/shiryou