【工事部ブログ】板金屋根の葺き替えです。

屋根の下地の合板がバラバラです。

板金屋根の葺き替えです。下地の合板からやり直します。
下地の合板は接着が剥がれて、もうバラバラでした。
これは、太陽光に曝されて高温になるのと、結露が原因でしょう。
この下地合板の上は防水紙があり、その上に板金の屋根材が葺いてありました。
そして、この合板の下は部屋の天井です。
冬はこの天井から室内の暖かい空気が上昇してきて、
この下地合板の下端に接触して、
下地合板の上側からは外の冷えた空気が接触します。
そこで、結露が発生します。
夏は厳しい直射日光に晒されて、高温になります。
手で触れることはできないくらいに高温になります。
それで、下地合板は劣化してしまいます。
また、このお宅では屋根裏に換気設備がありませんでした。
屋根裏を換気しないと結露しやすくなります。
今回は屋根裏の換気設備も増設します。

屋根の下地合板の張替中