リノベーションには長い物語がある②

工務店建築士社長の奮闘日誌

「リノベーションには長い物語がある」

リノベ現場のS様の基礎が始まりました、庭に配水管やら
埋まってましたが、
移動したりして何とか納めます。増築は10平米まで
可能なので
玄関の位置を変更たりして、土間にしての増築です。

以前の玄関の位置は勝手口を兼ねた、
ご主人の作業部屋になりました。

リノベでも部屋を大幅に位置変更したりすることが
以外に簡単に出来ます。
ほとんどの希望のプランに出来るので
新築とあまり
変わりありません。

ただ確認申請にかからないようにやるのがポイントです。
10平米以上の増築だと申請が必要になるので、
申請無しでいくには外回りの外壁は弄らずにやるのが
いいと思います。リフォーム扱いですので、
確認申請は不要です。

以前、建替えると道路がセットバックしなければならない、
庭が狭くなる、塀を壊して新しく造らなければならないなどの、
不満から建て替えをやめてリノベにする方も居ましたが

今回はそうではありませんが、
冬は寒い、底冷えがする、
夏は暑いし、使い勝手が悪いなどの
不満がありました。

こんな場合でも新築に引けをとらないくらいの
性能を上げることが出来ます。木造住宅は、
20,30年くらいで壊すのは、実にもったいないのです。

住宅ローンが終わった頃に建て替えでは、どうでしょうか?

世界的に見ても20年30年位で壊してしまうのは日本だけです。

新築建替えが良いのか、リフォームが良いのか、
迷っている方は是非ご相談ください

健康住宅、高性能な家づくりに興味のある方はこちらです