リノベーションには長い物語がある⑥(社長ブログ)

工務店建築士社長の奮闘日誌

「リノベーションには長い物語がある⑥」

こんにちは!!

家を解体していく、造るとは逆に壊していくというのは、

いろいろと沢山のことが見えてきます。
普段考えたことも無くびっくりな発見も
多々あります。

今回は約20年前に建てられたお宅ですが、耐震壁
はかなりの数の筋交いが入っておりました。

一見頑丈に作られているなと思いました。
耐震等級からからすると壁量は2等級以上でしょう。

この頃の年代では、
そこまでやるのは珍しいと思いますが、

地盤が盛り土でしたので、
設計者としてその分家のほうで

耐震壁を増やして丈夫にしていたの
かなと推察いたします。

その点は、以前の設計者の良心が伺えます。

法改正の2000年の以後なのでホールダウンや
バランスは見てないでしょうけど、平面図上では
バランスも特に悪いわけではありません。

住んでいる、客様的には「風が来ると揺れる」と
おっしゃっていましたが
ここは高台で風のとうり道に成っていると推察します。
それと、地盤がゆるいのと筋交い工法を採用していること
が原因だと思われます。

この筋交い工法は、一見、
太い木がバッテンに入っていて

強そうに見えますが、力の掛かり方が
一箇所に集中してしまい、

一定の以上の力が加わると
折れてしまいます。

ということから、合板を併用して釘で縫うやり方の方が力が
分散されるので有利だと考えているので、

筋交い+合板工法を採用しています。

それではまた、、、

株式会社 宮城建設
代表取締役 宮城健志

健康住宅、高性能な家づくりに興味のある方はこちらです