【工事部ブログ:新築物語・番外編】

今の新築工事を担当してもらっている棟梁が意外な趣味をたしなんでいました。この様な趣味を楽しんでいる人なんているのかと、思っていました。棟梁に頼んで、実際の作品を工事現場に持ってきてもらいました。それがこれです。

三線です。それもオリジナル。

楽器の作製が趣味の人なんて初めて見ました。材料は極力、工事現場時現場から出た廃材を使っているとのことでした。三味線のボディには猫の腹の皮が使われていますが、三線は蛇の皮ということでした。写真の作品では、テント用のシートや、テーブルクロスのようなものが使われているらしい。作製した本人は演奏することは無いそうです。