【工事部ブログ:新築物語26】 雪の巻

今日は雪が降りました。新築の屋根の上にも積もっています。この積もった雪により、屋根が冷やされて、そこに下から、部屋の中の暖められた空気が接触すると、屋根の下側で結露しやす。その結露水が屋根の下から天井に落ちてきて、雨漏りして天井にシミができた。というようなことになります。これは、雨漏りではなくて、結露です。とくに、雪が止んで翌々日くらいに、軒先近くの雪が屋根に残っていると、そのに結露が発生しやすいです。これを「すがもれ」なんて言ったりしやす。

このままだと、かなり積りそうでやんすね。