【工事部ブログ:新築物語27】電気工事の巻

最近は、パソコン等の普及により、電線等の配線が異常なほどに増えています。電線も一本づつならば細いものなのですが、それが数十本の束になると相当な量です。この電線ですが、電気が流れる芯の部分は本当に細いのですが、その芯の部分を保護したり、周りかの影響を受けないようにするための被覆が芯の部分の20倍以上はあります。なので、断面積がとても大きくなってしまいます。もっと細くなれば、配線も楽になるのにな。

分電盤のところに電線が集中してきます。