高気密、高断熱の話

日本の風呂は寒い。

とくに、床がタイル貼りの風呂は足を踏み入れた瞬間に心臓が止まるかと思うほど、冷たくなってます。最近はユニットバスが主流ですが、浴室の断熱材はオプション設定になっている場合が多いです。浴室の防水パンの下は床下ですが、温度は外部とほとんど同じです。なので、ユニットバスの床下に断熱材がついていないと、非常に寒いです。また、浴槽の外側にも断熱材が取り付けていないとお湯がすぐに冷めます。近頃は標準で浴槽に断熱材をとりつけてある場合が多いようですが。それでは、壁と天井はどうでしょうか?ほとんどのユニットバスには断熱材が施工されていないでしょう。これもオプション設定なのですね。だいたい、ショールーム等でユニットバスの説明を受けた時に壁や天井の断熱材の説明はしないみたいだからね。その辺が気になる方は是非、ショールームで説明員によおく聞いてください。

この風呂は寒いわな。