吸引力の変わらない

 

私の自宅にはあなたもご存知の、あのダイソンの掃除機があります。

「吸引力の変わらない」というキャッチコピーのね。

先日、妻があのコロコロ(粘着テープがロール状になっていて転がすとゴミがくっつく)で部屋を掃除していました。

私「あれ、なんで、ダイソンじゃねぇの?」

妻「あれさぁ、掃除が大変なんだよね。」

私「何、掃除が大変って?」

妻「あのお掃除ヘッドのローラーブラシっていうの、あれに髪の毛とかゴミが絡みついちゃって、それが綺麗にとれないのよね。掃除するのが大変なのよ」

確かにあのヘッドのブラシにしこたま髪の毛が絡みついています。(私の髪の毛ではございませんが。)

これじゃあ、掃除に使えません。

こんな風に絡みついた髪の毛を掃除するなんて、部屋に掃除機を掛けるよりも大変です。新しいヘッドを買った方がよさそうです。

おまけに、本体の方の隙間に一杯ゴミが挟まっていて、掃除機本体を掃除するのも大変です。

それに他社の掃除機よりもかなり重たいしね。しまってある場所から出すのも一苦労です。

それに、妻がこんなことも言ってました。

「なんか、あんまり吸わないような気がする。吸引力は変わらないけど、その吸引力は強くはないんじゃない」

そう言われると、こちらとしては

「じゃあ、なんで買ったんだよ?」と言いたくなるところを

ぐっとこらえて(これ大事なんよね。)

「え、本当に」と答えた後に

あれ、これってドミノピザと似てるな。と思いました。

ドミノピザは「30分以内に熱々のピザをお届けします。」というキャッチコピーで

成功しましたが、このコピーの中では美味しいということは

一つも言っていないのです。しかし、なんだか、このコピーだと

美味しくて熱々のピザが30分以内に届くような気がします。

ダイソンも吸引力が強いとは一言も言っていないけど、あのコピーだと吸引力が強くて、その吸引力が長続きするような気がします。

そして、一般消費者は購入してしまう。

冒頭でも書いたように、我が家にも、一台、物入れの中で一年以上眠っております。

でかくて、ごつくて、重いから滅多に使うことはありません。

素晴らしい、ダイソン

今回のダイソン事件(どこが事件なんじゃい?)で、

やっぱりキャッチコピーは大事だなと、痛感した工事部日記担当でした。