屋根の点検しました。

屋根の点検のオファーがありました。点検してきました。築25年以上で、屋根は2回塗装しているということでした。恐らく、この屋根材の場合はアスベストが混入してあるはずです。

アスベストが入っていると、屋根材の強度が増します。                   最近のこういう屋根材はアスベストが入っていないので、以前より強度が落ちています。

今回の点検では異常はみられませんでした。しかして、少し気になることがありました。      塗装の際に屋根材同士の縁切りをしていないのです。

この縁切りというのは、屋根材の重なり部分に塗られた塗料が固まって屋根材同士が接着された状態になっているのを切断することをいうのですが、これをやっておかないと屋根材の下に入り込んだ雨が外に排出されずに、家の中に侵入する可能性が高まるのです。

縁切りしていないので、雨漏りの可能性が高まります。