暮らし方家族の時間が大事  

こんにちは!
今年をもちまして創業47年目、千葉県習志野で木造住宅専門で二代目の宮城建設
代表建築士の宮城健志です。宮城建設は、無垢材や本物の自然素材を多用した
健康がいっぱいの、丈夫な家を建てる地域に根差した建設会社です。

あなたは、理想とした暮らし方をイメージしたり、
考えたりしたことはありますか?
今回の暮らしのテーマは、

暮らし方、家族のそれぞれの時間が大事です。家族の時間

大切にして、家族一緒の時間も大事にする家族の
在り方や家の作り方、生活空間の考え方をお伝え
していきたいと思います。

暮らし方というと、形が見えないから、
イメージがし難いですよね。

暮らし方でそれぞれの時間を大切にするということは、
個室があって、部屋に籠って何かをする感じが
するけれども、

暮らし方で自室に入らず、リビングで他の
家族の気配を感じながら、自分の趣味に没頭
するというのも、いいのではないでしょうか。

例えば、暮らし方で、リビング、ダイニング、キッチンを
ワンルームとして、テレビボードで仕切ったり、
背の低い収納カウンターやソファーでそれぞれの暮らしの

空間を仕切って、家族の気配を感じながら、
仕事や趣味に没頭する事も出来ます。

そして、コーナーにデスクと壁の収納を設けて
狭い空間でも上質なご主人のプライベート
スペースとして設けて、暮らし方を見せて、
親しい友人に自慢したり、

暮らし方の一つには、一人でお酒を飲んだり、
主人専用の書斎として使用たりする。

ここに、いると自然に沢山のアイデアが
生まれて来るような

空想に浸れる空間デザインにも出来ます。

暮らし方で、奥様の専用スペースとしては、台所の流しの
反対側の壁に壁面収納についてる、カウンター
デスクを設けて、家計簿ノートをつけたり、
お料理のアイデアを考えたりする場所が

あったりすると、いいのではないでしょうか。
ノートパソコンが置けて、ブログを書いたり

友達のメールチェックして、ネットショッピング
などをしたりするのもいいですよね。

そこで、出来れば、近くに明り取りの小さな
おしゃれな窓を付けて誰かが帰って来るのが
分かる様すると更に、いい感じになります。

暮らし方でワンルームの真ん中に調理台を設けて、
趣味の料理をすることも出来るし、家族
みんなで本格的な料理を作ってみたりして、

時にはお友達を呼んでホームパーティーなど
開いて、お互いに暮らし方の話をしたり
料理自慢などをしたりします。

そして家族の絆を深めるのに、部屋の中央部に
大きめのダイニングテーブルを置いて、会話が
弾んで楽しく食事をする。

そこに家族一緒に楽しめる暮らし方でリビングシアター
もいいのではないでしょうか、そして家族共通
の趣味の物や思い出を飾っておく為のガラスの扉が
付いた収納などをおいておくことも。

そして、暮らし方を工夫したり、この様な家具類やインテリアの
デザインや壁天井材の仕上の色や質感を総合的に
考えることが極めて大事です。

更に暮らしを豊かにするには、これらを、
包み込んでいる直接触れたり見えるところの
床壁天井の素材を自然素材にするところが
大切になります。

出来れば、自然素材を使用して室内に居ながら
自然な空気、見た目の素材が自然なものが
よりいいのではないかと思います。

そして、暮らし方を支えていくには建物自体
は地震に強く、冬暖かく、
夏すずしい、健康的で、光熱費が
あまり掛からない家というのが理想です。

宮城建設は、千葉県習志野市周辺にて木造住宅専門で自然素材(無垢・珪藻土・漆喰・クロス.
畳などオリジナルの本物の自然素材内装材)を扱う地域に根差した建設会社です。
自然素材を取り入れた家づくりをしたいとお考えの方は、資料請求してください。

無料の資料請求はこちら